お金

【バイト以外で稼ぐ】ただの大学生がwebライターとして月1万を稼げた話

もりもり
もりもり
こんにちは!もりもりです!

バイトなんて行きたくない!

そう思っている人ってたくさんいますよね

かく言うわたしもそうだったんですが、webライターになれたことでバイトを減らすことができました

Webライターはわたしがなれたくらいなので、本当にただの大学生でも大丈夫で、がんばればバイトがいらないくらいの収益性が期待できます

では、webライターとは何なのか?どうやってなれたのか?などについてお話していきます!

ぜひ参考にしてみてくださいね!

この記事を読んでほしい人

バイトが嫌だなぁと思っている人

副業でwebライターを検討している学生

Webライターとは?

webライターとは簡単に言うと、インターネット上で記事を書くお仕事です

今見てくださっているこのブログも性質は似たような感じですが、これブログわたし以外の人は書いていません

しかしNeverなどのまとめサイト、じゃらんの旅レポート記事などは記事を書いてと発注し、それを1つのサイトに掲載していて、その記事を書くのがwebライターのお仕事になります

インターネットで何か検索すれば何万もの記事がでてきますよね

つまり、webライターのお仕事は案件数が多く初心者さんでも探しやすいというメリットがあるお仕事なのです

ただの大学生がどうやってなれたのか

チェック

で、気になるのはただの大学生がどうやってなれたのかという話ですよね

わたしが初めてwebライターのお仕事を頂いたのは2018年の11月ですが、その3ヶ月前、、、8月あたりはまだタイピングすらまともに出来ませんでした

そこからお仕事を頂けるようになったのはシンプルに、

ポートフォリオ(ブログ)を作る→Twitterで発信する

ということを行ったからです

少し詳しく見ていきましょう!

ポートフォリオ(ブログ)を作る

Webライターはバイトみたいに会って面接をして、、、という流れではないので、基本的にオンライン(ネット上)で完結します

わたしもお金を貰って記事を納品していますが、雇ってくれている人に会ったことはありませんね

つまり、相手側が自分を雇おうという判断はコミュ力などではなく実績になります

webライターの場合はその人がどんな文章を書いているかを見える化することが大切で、そのアピール材料(ポートフォリオ)がブログなんです

ブログは無料で始められる上に、文章を書く練習にもなります

まずはブログで何記事か書いてポートフォリオを作りました!

Twitterで発信する

作ったブログのURLをTwitterに貼ることができます

貼った状態で日々つぶやきながらどんどんブログを充実させました

発信内容は「今日とても美味しいアイスを食べた」とかいう日記ではなく、「今日は4時間作業して記事2つ書いた」などとwebライターに関わりそうなものにしましょう

わたしの場合、どんどん発信していたおかげで今のお仕事先からwebライティングやってみませんか?とDMが来ました

Twitterからブログを見てくださって、ぜひ書いてほしいとのことだったのでやはりポートフォリオ作りは大切なんだと思います!

Webライターになるコツ

重要

わたしは上記の流れでwebライターになれましたが、中々上手くいかない場合もあると思います

そこでwebライターになるコツを3つほど挙げてみたので参考にしてみてください!

記事は書き続けよう

ある程度書いたからといってブログに記事を書くことをやめないでください

もちろん依頼者側からすれば、実績になるポートフォリオはたくさんあった方がいいですよね

そしてたくさん書いていくうちに文章は上達します

わたしも初期のころに書いたブログ記事と今の記事を両方読んでみると、同じ人が書いたのか?と疑ってしまうくらい変わりました(笑)

また、ブログをしてアクセスが集まってくるとブログ自体を収益化させることが可能です!

書き続けていて損はないのでぜひ継続していきましょう

自分から提案もしてみよう

わたしはDMを貰って~という流れでお仕事に繋がりましたが自分から提案してみるのも1つの手です

探していればTwitter上にもwebライター募集というツイートがいくつか出てきます

条件がいい場合はライバルが多いですが、提案するのは何のリスクもありません

せっかくTwitterをしているのなら、提案できる募集がないか探しておきましょう

クラウドソーシングにチャレンジしてみよう

webライターのお仕事案件が多くある場所として、クラウドソーシングが挙げられます

ランサーズやクラウドワークスなど1度は聞いたことありませんか?

先ほどと同じく提案していくスタイルですが、1記事500文字など初心者さんに優しい簡単なものもあるのが特徴です

ブログを書いているとここでもポートフォリオとして役に立つので、ブログを武器にしてがんがん提案していきましょう!

収益について

わたしが現在貰っている金額は月に10,000円ほどです

1記事2,000円×5でこの金額になっています

最初は記事を書くのも慣れていないので時間がかかりましたが、最近は1時間ほどで1記事書けるようにまで成長しました

となると、時給は2,000円と普通にバイトするよりはるかに高く、自分の技術次第で時給が上がるのはwebライターの良いところですね

例えば記事を月20本書けば40,000円の収入になります

ということはバイトなしでwebライターだけで生活していくことも大学生は可能なのです!

バイトが嫌だなぁと思っている人はwebライターをぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

webライターになろう!

テスト

ただの大学生がwebライターとして月に1万円稼いだことについてお話してきました

わたしができたくらいなので、やる気さえあれば本当に誰でもなれます

悩むよりまず行動!今すぐ記事を書いてみてくださいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です