遊び・日常

集客ランキング1位のわたしが教える学園祭、文化祭の客寄せのコツ

先日大学で行われた学園祭で、もちろんわたしが所属しているサークルも模擬店を出しました

売り上げをあげるために大事なのって、メニューでもなく価格でもなく、いかに集客ができるかどうかなんです

ただ、客寄せって想像以上に難しいです

たくさんのお客さんはいるのにみんなに素通りされてばかり、、、

そこで、サークル内集客ランキング1位だったわたしが、学園祭、文化祭の集客のコツを紹介します

これであなたも集客マスター!!

https://moriblog.net/school-festival-menu

手持ち看板にこれだけは書いておこう

最初は集客前の準備から!

みなさん手持ち看板は作りますよね?

首から提げるタイプも同様ですが、看板には、

  • 何を売っているか
  • それが何個でいくらか

これだけは絶対に書いておきましょう

当たり前だと思われるかもしれませんが、案外みんな書いていません

シンプルに

「小籠包!3コで200円!」

と書いてるだけの看板でも全然いいんです

どんなにカラフルにしようが、絵が上手く書けようが、お客さんが欲しいのはその情報じゃありませんよね?

例えば、あなたが街でいい感じの雰囲気のレストランを見つけたとします

入ろうかな~と悩むときって看板を探しませんか?

このお店にはどんな料理があって、価格はどれくらいなのか、、、確認しますよね?

逆に何があるかわからないと思いとどまるし、値段が書いてないとすごく高かったらどうしよう、、、となって店に入ることをやめてしまいます

それはすごくもったいない!

まずはお客さんの気持ちになって安心感を与えるためにも、何を売っているかと、何個でいくらかは必ず書いておきましょう!

大きな声をだす必要はない

集客するならもっと声だして!とはよく言われますよね

しかし、わたしが集客1位になったとき、大きな声はだしていません

そもそも大きな声をだす意味って大多数の人に振り向いてもらうためですよね?

それって目的が少しずれていませんか?

本来の目的はこっちを向いてもらうことではなく、自分たちの商品を買ってもらうことです

つまり、買ってさえしてもらえば大きな声をだす必要はないということ

もっと大事なのは買うという行動を促すための個人アピールが大切なんです

1組でもつかまえることができたら、そこからが勝負

とはいえ、足を止めてくれた時点で体感的にお客さんの8割は買ってもらえる気がします

足を止めてくれそうな、自分たちに興味がありそうなお客さんは逃すなということです

個人アピールする人

まず、知り合いは確実に声をかけましょう

1番買ってくれる確率が高いといっても過言ではないはず

そして次に止まってくれそうなのがこっちを向いて

「小籠包や、、。おいしそう、、、。」

などと興味を示してくれている人です

この人たちはすでに買う買わないが5:5くらいの気持ちがあります

そこを少し後押しすればいいだけです

比較的早い段階で買ってくれますよ

あとは割と強引になりますが、他のメンバーの呼び込みでこっちを向いてくれた人(小籠包を本気で買う気のない人は自分たちなど見向きもしない!)も声をかけていましたね

声をかけやすいという意味では3,4人の男子グループとかはかけやすかったです

ノリの良さそうな人に声をかけると高確率で男気じゃんけんが始まります

そこまで言ったらよっしゃです

たいてい男気じゃんけんの人数分買ってくれるので一気に売れていきます

結果1番売り上げにつながるのはノリのいい人たちです

上手いことグループを見極めて、男気を狙っていきましょう

集客ときによく使っていた言葉たち

上に書いたようなお客さんをつかまえたら、勝負のはじまり

わたしが使っていたセリフをまとめましたが、大したことは言っていません

結局大事なのはノリです

先ほどもノリがいい人を狙うのが1番だと言いましたが、買ってもらうためには自分もノリよく、明るく商品を勧めないといけません

我らが師匠、テレビショッピングのお兄さんを思い出してテンションをまねていきましょう!

  • 「小籠包いかがですか?3コで200円なんですけど、、」

立ち止まってもらうためにはこのセリフ

看板にもありますが、お客さんにきちんとわかってもらえるように口頭でもしっかり言いましょう!

足を止めてもらったらチャンス!

  • 「お腹すいてないですか?こちら3つも入ってるんで、ご飯にぴったりですよ!」

食べ歩きしてる人は大体お腹すいてるんで個数強調は大事です

  • 「なんなら2人それぞれ100円ずつで半分ことかどうですか?」

2人グループの時によく使いました

金額が半分になると途端に安く見えてくるマジック!

  • 「ブース目の前ですよ!ここですここです」

集客は基本的にブースの近くで行いましょう

遠くからお客さんを引っ張ってくるのは難易度が高すぎです

近いんならまぁ、、、みたいなお客さんも結構います!

  • 「自分甘いの(辛いのなども)苦手なんです~」

たまにお客さんから自分たちのところにも来てやと言われることがありますが、そんなときの断り文句がこれ

相手の商品がシンプルに苦手と言われたら、それ以上進めては来づらいですよね

まとめ

集客で1番大事なのが

  • 看板に大事なことはしっかり書くこと
  • 大多数ではなく、個人にアピールをしていくこと
  • 笑顔でノリよく接客すること

ですね

きちんと笑顔で話していれば必ず結果はついていきます

始めは緊張するかもしれませんが、たくさんの人と話すことができるいい機会なのでガンガン話しかけに行ってみましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です