大学入学前

サークルって掛け持ちすべきなの?みんなは何個入っているの?

もりもり
もりもり
こんにちは!もりもりです!

サークルって掛け持ちすべきなのかな?

大学生はどれくらいの数のサークルに入っているか知りたい!

というお悩みを解決します

サークルに掛け持ちのイメージが強いと思いますが、実は日が経つにつれて掛け持ちしている人は減っていくんです

この記事では、「サークルは掛け持ちすべきなのか?」や「大学生のサークル状況」 についてお話していきたいと思います

記事を読み終えれば、サークルの数に悩むことはなくなりますよ!


サークルは「はじめの内だけ」掛け持ちすべき

サークルは掛け持ちすべきかという問いに関する答えはYesです

ただ、最初は掛け持ち→最終1つか2つくらいまでに絞るといった感じがおすすめ

最初というのは1回生の春学期くらいまでですね

最初に複数のサークルに入っておくべき理由は大きくわけて3つあります

  1. 交友関係が広がる
  2. コミュニティ(居場所)の選択ができる
  3. 経験になる

この理由の詳細を1つ1つ見ていきましょう!

①交友関係が広がる

サークルは人数が10人程度の小規模なサークルから100人を超えるような大規模なサークルまであります

1つに絞ってもそれなりの人脈ができますが、複数のサークルに入った方が交友関係が広がりますよね

交友関係が広がるといいことが多いです

  • 1人で授業を受けなくてもよくなる
  • 授業を休んだとき、レジュメの答えやテストの有無について聞ける
  • 過去問を回してくれる
  • 遊んでくれる人が増えて楽しい

特に一緒に授業を受ける友達ができると授業の連絡を回してくれるのでありがたい、、、

欠席のとき代わりにミニッツを提出してもらったりできます

他にも過去問が手に入るなど、掛け持ちして交友関係を広げておくと単位を落とす心配が減るんです!

②コミュニティ(居場所)の選択ができる

はじめの内に掛け持ちしておくと、「合わないな」と思ったサークルからすっと離れることができます

1つだけに絞っていると、「ここ抜けたら他のサークルないしな、、、」となって切りにくくなってしまうので複数のサークルに入っておきましょう

わたしも以前入っていたサークルを辞めましたが、別のサークルがあったので辞められました

居場所を1つに依存させずに複数持っておく といざという時に便利です!

もりもり
もりもり
入ったサークル全部大好きというわけにもいかないでしょうしね、、、

③経験になる

複数のサークルに入っておくってことはそれだけ経験できることも増えます

例えばバスケサークルだけ入っていたらバスケしかできないですが、さらにフットサルサークルに入るとフットサルもできます

サークルの数だけ趣味があるみたいなものなので、気になったサークルには経験させてもらう感覚で入るのも魅力があっていいですよね

また、サークルのたくさんの人の話を聞く経験にもなります

実際わたしは「学生起業家です!」と名刺を渡してきた先輩もいました

普通に生活していたらまるで接点のない人たちと会えて、面白い話も聞けるなんていいですよね

なぜ「はじめの内だけ」掛け持ちをすべきなのか?その後は?

「はじめの内」だけ掛け持ちをすべきだと言いました

なぜなら複数のサークルだと肉体的にも金銭的にも辛いと断言できるからです

サークルは活動日があり、できる限りフル出席しないと仲良くなりにくいもの

そして活動・終わったあとのごはん・年会費などお金もかなり必要になってくるんです

となるとサークルが増えれば増えるほど負担は増していきます、、、

活動にも行かないといけない、けどバイトしないとお金がない、、、

となって辞める場合がほとんどなので、サークル選びをかねて「はじめの内だけ」掛け持ちをしましょう


みんな掛け持ちはしているの?

疑問

大学生の多くははじめだけ掛け持ちをして、1回生の秋学期ごろには2つまでに絞る 人が1番多いです

わたしの友達もサークルの数は、

  • なし:15
  • 1つ:40
  • 2つ:35
  • 3つ:10

リアルにこんな感じです

3つ以上掛け持ちしている人はかなりレアで、1~2つがほとんどを占めていますね

サークルは掛け持ちが多い!

まとめ

サークルは掛け持ちすべきかどうかについてまとめてみました

結果、「最初は複数に入っていておくのが絶対いい、そこから絞っていく」という感じです

  • 最初(1回春学期)→5つくらい掛け持ちでもOK
  • 最終(1回秋学期)→1つか2つまでに絞る

ここらへんの数字を1つの基準にしてみてください

また、複数に入っておくメリットとして、

  1. 交友関係が広がる
  2. コミュニティ(居場所)の選択ができる
  3. 経験になる

この3つがありました

大学生活がはじまるとサークルについては必ず悩むでしょう

気になったサークルにはとりあえず入る!精神でいれば悩みも少し解消されると思います

入って、あとから絞っていくのです

どうしようかな、と思った時にはぜひこの記事を思い出してくださいね

こちらの記事もおすすめ!